五島美術館

五島美術館
五島美術館

国宝「源氏物語絵巻」を所蔵し、国宝5件や重要文化財50件を含む約5,000件の美術品を収蔵。常設展示をせず企画展ごとに展示内容を大きく変えるため、いつ訪れても新鮮な感覚が得られる美術館だ。

収蔵品は東京急行電鉄株式会社(東急)の元会長・五島慶太氏が戦前から戦後にかけて収集した古美術品が中心で、国宝「源氏物語絵巻」は毎年春に、国宝「紫式部日記絵巻」は秋に、それぞれ1週間程度のみ公開される。旬の時期を見逃さず訪れたい。

敷地は庭園を含め約6,000坪と広大で、多摩川側に開いた傾斜地を活かした造りになっている。庭園内にある茶室や東京都指定天然記念物「上野毛のコブシ」も見どころだ。芸術と自然が織りなす贅沢な空間を楽しみたい。

なお、2012(平成24)年に、建物の外観や骨格は50年前の姿を残したまま、耐震化、館内設備の更新、展示室の増設、パブリックスペースの拡充などを行ってリニューアルオープン。最新の設備で、美術品を堪能できる。

五島美術館
所在地:東京都世田谷区上野毛3-9-25 
電話番号:03-5777-8600
開館時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、展示替え期間、夏期整備期間、年末年始
http://www.gotoh-museum.or.jp/

詳細地図