憧れの街をつくるのは、自由な発想力と時代への対応力 自由が丘商店街振興組合
理事長 岡田一弥さん

自由が丘商店街振興組合
理事長 岡田一弥さん

憧れの街をつくるのは、自由な発想力と時代への対応力

住みたい街ランキングでは常に上位にランクインする人気の街、自由が丘。近年は、おしゃれスポットとしてのみならず、緑化運動などの環境への取り組みや、“スイーツの街”とよばれる街ならではのイベントの開催といった、地域の魅力を引き出す独自のまちづくりにも注目が集まっている。そんな魅力あふれる自由が丘のまちづくりの中核を担う、「自由が丘商店街振興組合」の理事長である岡田一弥さんに、商店街の取り組みや街の魅力についてお話を伺った。

自由が丘商店街のこれまでの歴史について簡単にお聞かせください。

自由が丘駅「自由が丘」駅

岡田さん:もともと、この地域は荏原郡碑衾村という所で、すごく田舎でした。東急東横線が1927(昭和2)年に開通し、「九品仏前」駅ができ、人が住める環境になると、大勢の人たちが移り住むようになりました。その1年後には「自由が丘学園」という生涯教育を旨とする学校が作られました。

九品仏川緑道(自由が丘駅付近)落ち着いた街並み

また、この頃になると、大井町線が開通し、この大井町線と東横線が交差する所が今の自由が丘になりました。大井町線が九品仏浄真寺のすぐ前を通るコースに設置されたので、浄真寺の門前に「九品仏」駅ができました。そこで、もともとあった「九品仏前」駅はどうなるんだということになりました。「自由が丘学園」があることから、一帯は「自由が丘」という愛称が当時からあり、それを住民が東急電鉄さんに提案した所、採用されて、最終的に地名になったそうです。

細街路にもお店がある細街路にもお店がある

その後も周辺には知識レベルが高く、おしゃれな人が多く住むようになり、住宅街が構成されていきました。そして、住宅街に住む方や、乗り換え駅で駅を降りる人達にいろいろなものを提供できるように自然と商店会が形成されていきました。1963(昭和38)年には各通り沿いにある12の商店会で商店会振興組合という法人格を取得しました。一番小さい商店会は10軒でひとつの商店会、一番大きいのは380軒くらいあるかと思います。商店街振興組合全体では現在、1300軒を超えています。構成員数では全国で一番といわれています。

どんなお客様が多く利用されていますか。

幅広い年齢層幅広い年齢層

岡田さん:キーは女性ですね。ただし、年齢層は幅が広いです。もともと周りの住宅街に住んでいる方がベースですから、子どもからおばあちゃんまで、いろいろな方がいらっしゃいます。また一方では、事務所が少ないので、ビジネスマンの方などはあまりいらっしゃらないかもしれません。

憧れの街をつくるのは、自由な発想力と時代への対応力/自由が丘商店街振興組合<br />理事長 岡田一弥さん岡田一弥さん

目黒区は女性の一人住まいの比率は高いといわれています。大きな繁華街があるわけではないし、タワーマンションなどがなく、昔からの住宅街の風情を残している状態なので、治安というのは基本的に非常にいいです。犯罪率も低く、女性にとって安心、やさしい街というのも、女性の利用率が高い理由ではないでしょうか。

ユニークなお店や、老舗など、おすすめのお店を教えていただけますか。

「白山眼鏡店」「白山眼鏡店」

岡田さん:有名なパティシエの方のお店や、初めて洋書をインテリアに使った古本屋さん、業界で有名な独立系のおもちゃ屋さんなど、おすすめはいっぱいありますね。この街には、下町の何百年継承される素晴らしい技術をもっている職人さんというよりは、輸入文化や最近の新しい文化の中で突き詰めるような方が多くいらっしゃる気がします。

「スイーツフォレスト」の入り口「スイーツフォレスト」の入り口

この街で鍛えられた人は、感性にせよ、仕事の遂行能力にしてもとても高いので、こんな小さな街の小さなお店でありながら、その能力によって街を突き抜けて全国レベルの仕事ができるお店があることが、街としても自慢できる所かもしれません。

商店街では、どのようなイベントを開催しているのでしょうか。

イベントが多く開催されているイベントが多く開催されている

岡田さん:まずは5月の連休に開催するスイーツフェスタ。これは、駅前に2メートル以上あるお菓子の家を作ったり、スイーツ大使の方に来てもらったり、スイーツをフックに盛り上げるもう何十年も続いているイベントです。他にも、5月の最後の金土日にマリクレール通りで行われる「マリクレールフェスティバル」というものがあります。

「熊野神社」「熊野神社」

それから、8月頭の木金土日の4日間、夕方から夜に駅前ロータリーの道路を通行止めにして、盆踊りを開催しています。4日間というのは結構大変ですが、木曜金曜は企業の方たちがお揃いの半被を着て参加したり、土日になると住宅街にお住まいの方々が来られたりします。また、9月の最初の土日には「熊野神社」の祭礼があるのですが、メインの日曜日にはお神輿を駅前に並べて、多くの人で賑わい、3000人くらいの方が集まります。

通称「女神」像通称「女神」像

それから、駅前にロータリーができた時に、澤田政廣さんが作ってくださった「あおぞら」という通称「女神」とよばれる像があるのですが、体育の日に「女神まつり」というものを開催しています。2016(平成28)年に44回目となる商業イベントで、最大の時には2日間で約60万人を動員したイベントです。

セザンジュという取り組みについて、教えていただけますか。

岡田さん:もともとは、東京都が行った「体感治安改善運動」の取り組みの中で行われたもので、自由が丘は治安の良い場所ですが、この安全性を保つためにはどうしたらよいかという未然型として採択された活動です。硬派な感じではない方がいいということで、女性が制服を着て、この街はパトロールなどが行われている街なんですよということをアピールし、体感治安を改善しようというものになりました。

ボランティアの「セザンジュ」ボランティアの「セザンジュ」

最初の年は、防犯カメラの設置などとセットにしながら行った活動の一部でしたが、その後は振興組合が引き取って事業としてやることになったんです。人やお金を必要とする事業ではあるのですが、幸いなことに、近くにある「産業能率大学」の学生さんたちがボランティアで参加をしてくれたんです。さらに、大学側が担当教授をつけて、単位がつく授業にしてくれたんです。

人気も質も高いボランティア人気も質も高いボランティア

ですが、単位に関係なく、セザンジュに入りたいということで、サークルとして参加する学生さんもいるくらい人気があります。今では、みんなで一生懸命勉強して、街の情報なんかも仕入れて、街に来た人たちに街案内をしてくれるという活動に広がっていて、一定以上の出席率で取り組んでくれた人には目黒区長から感謝状もいただけるんですよ。

セザンジュになると、接遇訓練を受けたり、護身術を警察から教えてもらったり、救急救命講習を受講したりなど、研修をしっかりしているので、ボランティアとしては、クオリティはかなり高いと思います。

自由が丘森林緑化計画を商店街が中心になって進めているそうですね。

自由が丘のイメージキャラクター「ホイップるん」も参加する緑化プロジェクト自由が丘のイメージキャラクター「ホイップるん」も参加

岡田さん:街の中に緑を増やしていこうという方針の下、いろいろなことに取り組んでいます。象徴的なのが、蜂を飼って緑を増やす「丘ばちプロジェクト」があります。他には、本を森に返そうという活動も行っています。これは、イベントの時に古本を持ってきてもらって、それを売ったお金でプランターを買って、駅前と周辺に緑を増やそうという取り組みです。それは、「丘ばちプロジェクト」で飼っている蜂が花の蜜を吸いに来るように、花が咲く緑を増やすことにもつながっています。「丘ばちプロジェクト」も他の活動とくっついて循環させる、それ全体で「自由が丘森林緑化計画」という名前にしています。

自由が丘専用自販機自由が丘専用自販機

この活動を行っていたら、賛同してくださる企業様も現れました。それがコカ・コーラさんなのですが、自由が丘専用のコカ・コーラの自動販売機を造ってくださったんです。自販機の上部分にスナゴケがはってあり、緑化されて断熱になっています。今は街に30台くらいありますが、この自販機の売上げの何パーセントかを森林緑化計画に寄付しています。この活動はマスコミなどにもたくさん取り上げられたので、宣伝効果としてはすごい金額に相当するということで、当時のスペイン人の社長はアトランタで表彰されたそうです。

ホイップるんが乗った電話ボックスホイップるんが乗った電話ボックス

その他にも、駅前には同じく賛同してくださったNTTさんのホイップるんがのった電話ボックスがあったり、東急さんは「みど*リンク」という、地域のすぐれた緑化活動を表彰・支援してくれる取り組みを通して、プランターや土などを提供してくださったりと、次々といろいろな方がこの緑化計画に賛同してくださっています。

自由が丘の街の魅力は、どのような所でしょうか。

植樹リレーの記念樹木植樹リレーの記念樹木

岡田さん:やはり、自由闊達な所でしょうか。伝統的にそうだと思います。私の先輩たちはみんな、「何かあったら自分が責任を持つから、まずはやってみなさい」と言ってくれる人が多かったんです。その伝統がいまだに続いていますね。だんだん年を取ってくると、「これ聞いたことあるな、前にあったな」とか思うようになってくるのですが、それは仕方ないんです。でも、そう思うとおしまいなので、「いや、待てよ」と。まったく一緒でも、違う人や違う時代にやると全然違う結果がでるかもしれない。そう思うと、まずはシュミレーションしたり、いろいろ積み上げてみたり、検討してみた方がいいよという方が、正しいのではないかというふうには思っています。

La Vita(ラ・ヴィータ)ラ・ヴィータ

もともと自由が丘は、それまでのいろいろな伝統を大事にしつつ、新しい文化や知識、概念を取り入れてやっていきましょうという街だったわけですよね。その流れが行われているような活動につながっているのではないかと思います。

憧れの街をつくるのは、自由な発想力と時代への対応力/自由が丘商店街振興組合<br />理事長 岡田一弥さん

今回、お話を聞いた人

自由が丘商店街振興組合

理事長 岡田一弥さん

所在地:東京都目黒区自由が丘1-29-16
自由が丘会館内
電話番号:03-3717-4541
URL:http://musashikosugi.or.jp/

憧れの街をつくるのは、自由な発想力と時代への対応力/自由が丘商店街振興組合
理事長 岡田一弥さん

所在地:東京都目黒区自由が丘1-29-16 
電話番号:03-3717-4541
http://www.jiyugaoka.or.jp/index.html